kintone Café 信州 Vol.1 開催しました!

8月30日、kintone(キントーン)を学ぶための勉強会コミュニティ「kintone Café 信州 Vol.1」を、塩尻市のコワーキングスペースColaboにて、長野県内で初めて開催しました。

kintoneは、開発の知識がなくても自社の業務に合わせたシステムをかんたんに作成できる、サイボウズ社のクラウドサービスです。業務アプリを直感的に作成でき、チーム内で共有して使えます。また社員間のつながりを活性化する社内SNSとしての機能も備えているため、スピーディーに情報共有ができます。

kintone Café はkintoneを学び合うための有志による勉強会コミュニティで、すでに全国30を超える支部が活動しています。kintone Café 信州支部は長野県域をサポートする支部として今年の夏に設立、8月30日に初めてのkintone Café 信州 Vol.1を開催しました

今回は定員15名で参加者募集したところ、開催1週間前には満席、キャンセル待ちが出るほど盛況でした。

参加者は子育て中のお母さんからフリーランスのエンジニアまで、様々な背景を持つ方に集まっていただきました。

当日は、大きく3部構成で進行しました。

第1部では、冒頭、サイボウズ株式会社から応援に来ていただいた、李智恩さんにkintoneの概要を説明いただき、次にkintoneエバジェリストであるアールスリーインスティテュートの金春さんにリモートで参加いただき、リアルな案件に沿ったkintone事例紹介をしていただきました。

第2部では、kintone Café 信州の立ち上げメンバーである、株式会社コミクリ 塩尻オフィスのメンバー4名が、それぞれオフィスの業務改善にkintoneを用いた事例を紹介しました。kintone歴は数日(!)から数ヶ月です。少ない経験でもここまでできるということをお伝えできたかと思います。

発表メンバーは4人とも県外(東京、神奈川、金沢、沖縄)の出身です。さらに4名中3名は、この3年以内に長野県に移住したばかり。生まれ育ちの全く異なる4名が塩尻に集っているというのは、なんだか不思議な感じがします。

第3部では、ゼロから家計簿アプリを作るハンズオンを実施しました。1時間弱をかけて、毎月の家計簿を記録・集計するフォームと、集計を表示するグラフを作成しました。PCを持ち込んだ参加者の皆さんは、手を動かしながらkintoneを体験できたと思います。

次回は11月末予定、内容は未定です。「こんなことやってみたい!」というご要望、いつでも募集しています。

最後に大切なお知らせです。

私たちは一緒にkintone Café 信州を運営する仲間を募集しています。私たちもゼロから手探りで、いろいろな方に助けていただきながら進めています。なので特別なスキルや能力は必要ありません。もし少しでもご興味ありましたら、Colabo(http://colabo.link/about/)までお気軽にお問い合わせください。

Comments are closed.

Powered by WordPress. Theme by Arinio